催し物のご案内

第3回中国新聞レディースクラブ
STORY特別講演会


池上 彰さん
2019/10/5(土)
13:00 開場(予定)
14:00 開演
講演会
お楽しみ抽選会
16:00 終演(予定)
※時間は前後することがありますので、あらかじめご了承ください。

当日の注意事項

会員限定の講演会となりますので、入場する際に会員証を提示していただきます。
忘れずにお持ちください。
一部の席を除き自由席となります。車イスでお越しになる方は事前に事務局(082-236-2244 平日9:30~17:30)までご連絡ください。
駐車場の数には限りがございますので、公共交通機関をご利用の上、お越しください。

プロフィール

1950年、長野県生まれ。1973年、NHKに記者として入局。初任地は松江放送局。次いで広島放送局呉通信部。その後、東京の報道局社会部に転勤。1994年から2005年まで「週刊こどもニュース」キャスター。2005年に独立。現在は名城大学や東京工業大学など8つの大学でも教える。

会場 広島文化学園HBGホール

〒730-8787 広島市中区加古町3-3
TEL 082-243-8881

アクセス

●JRでお越しのお客様
JR「広島駅」下車>広島バス24号線 吉島病院または吉島営業所行き乗車(約25分)>「加古町」バス停下車>徒歩1分
JR「広島駅」下車>タクシー(南口から約15分)
JR「横川駅」下車>広島電鉄 江波行き乗車(約15分)>「舟入町」電停下車>徒歩約5分

●お車でお越しのお客様
山陽自動車道「広島IC」>約30分
広島高速2号線「東雲IC」>約15分
広島高速2号線「吉島IC」>約10分

●高速・リムジンバスでお越しのお客様
バスセンター(紙屋町)>徒歩約5分>広島バス24号線 本通りバス停乗車(約5分)>「加古町」バス停下車>徒歩1分
バスセンター(紙屋町)>徒歩約15分

特別講演会【当日限定】
指定席付きランチコース

先着40人限定/6,000円(税込み)
※お食事代、指定席代を含みます。

●ANAクラウンプラザホテル広島 日本料理「雲海」STORY限定コース(11:30〜)
 ※お食事はSTORY限定会場をご用意しています。


イメージ
【献立】
  • 食前  マスカット酒
  • 小鉢  銀杏豆ふ 蟹肉 木の芽 菊花出汁
  • 刺身  鯛 まぐろ
        芽物一式 山葵 土佐醤油
  • 蒸物  松茸入り茶碗蒸し
        鯛 海老 かちん 三つ葉
        葛餡 山葵 紅葉麩 菊花散し
  • 揚物  鯊紅葉揚げ 茄子 椎茸 菊葉
        大根生姜卸し 煎出汁
  • 留椀  味噌汁 長藻 蓬蓮草 滑子 粉山椒
  • 食事  世羅産コシヒカリ
        香の物 ちりめん山椒煮
  • 水菓子 季節のもの
  • 食後  コーヒー
※天候、仕入れ状況により、メニュー内容を変更することがあります。

●指定席
9列30~39番、10列30~40番、11列30~40番、12列29番~40番

申し込み方法

メール、ファクスで郵便番号、住所、名前、電話番号、会員番号をご記入の上、中国新聞企画サービス「STORY限定 ランチコース」係まで。参加費は入会時にご登録いただいた銀行口座から引き落としします(9月26日予定)。入金が確認でき次第、ランチコースと講演会指定席番号の案内をお送りします。

《メールの場合》
story@c-kikaku.co.jp
《ファクスの場合》
082-294-0804

※他の会員と隣り合わせを希望される場合は、事前にご連絡ください。
※定員40人(先着順)
問い合わせ/中国新聞企画サービス TEL082-236-2244(平日9:30〜17:30)

ANAクラウンプラザホテル広島(広島市中区中町7-20)から講演会会場の広島文化学園HBGホールまで専用バスでお送りします(13:00発、13:20発予定)。

今後の予定

201912/11(水) 第4回中国新聞レディースクラブSTORY特別講演会

佐伯 チズさん

1943年生まれ。外資系化粧品会社を定年退職後、エステティックサロン「サロン ドール マ・ボーテ」を開業。その後、美容理念と佐伯式美容理論を提供する場、「佐伯式美肌塾チャモロジースクール」を開校。現在では、スクール卒業生が“佐伯チズ認定ビューティシャン”を称号し全国でサロンを展開している。これまでに出版した著書は累計500万部超。『美肌革命』(講談社)は、英語、フランス語、ロシア語、ポーランド語、スペイン語、ベトナム語に翻訳され、海外からも注目を集めている。特に中国での人気が高く、中国語版の書籍は多数。講演、執筆活動、雑誌の他、テレビやラジオ出演を行いながら、現在も自身でお肌のお悩み相談やお手入れを続けている。また佐伯式メソッドを広く世に残すべく、後進の育成にも注力し、成安造形大学の特別顧問も務めている。

PAGE TOP